伯州綿のシャツ

「お客さん」と「作り手」の両方の目線。

投稿日:

こんにちは!

前回の投稿から、日が経ってしまいましたが、元気に活動しております。

秋の盛りですが、
最近は、冷え込みもキツくて、冬の背中も見えている今日この頃です。(;’∀’)

 

私の自宅兼作業場の庭では、モミジが綺麗に色づいております。
(*^_^*)

 

 

ブログを更新できなかった期間は、

「伯州綿のシャツ」の製作はもちろんですが、その他「伯州綿」に関する様々な活動しておりました。(; ・`д・´)
また順を追って、ご紹介できたらと思います。

 

さっ
久しぶりの「ご挨拶」と「言い訳」をさせていただきましたので、
ようやく、今回のブログをスタートしたいと思います。
( `ー´)ノ

 

 

 

このたびは、
「私のブログ」と「お客さんのブログ」の両方を紹介させていただこうと思っております。

 

何と、
「伯州綿のシャツ」をご依頼くださったお客さんが、
このたびの「仮縫い」や「納品」の様子を、ご自身のブログで紹介してくださったんです。
( ゚Д゚)

 

 

非常に嬉しく、有難いことです!

感謝、感謝でございます。
(^^♪

 

なので、
伯州綿のシャツを作る側の「私目線」と、
伯州綿のシャツをご依頼する側の「お客さん目線」の両方のブログを、楽しんでいただけたらと思います!

 

↓↓↓お客さんのブログ↓↓↓(以降「Tさん」)

仮縫い編
https://crankboogie.hatenablog.com/entry/2021/10/28/130154

受領編
https://crankboogie.hatenablog.com/entry/2021/11/22/230417

 

 

 

ちょっとだけ、前置きです。

 

境港市にお住まいのTさんは、
米子市の天満屋さんでのオーダー会にお越しいただき、ご注文をいただきました。

その後、
「仮縫い」と「納品」は、自宅兼作業場で行いました!

 

とりあえず、
笑顔が素敵なかたなので、
納品時の二人の「記念写真」を貼り付けます。

( `ー´)ノ

 

 

このたびは、「伯州綿のシャツ」のオーダーの流れもそうですが、
楽しそうな雰囲気が伝わると、非常に嬉しいです。

(^-^)

 

それでは、
このたびのブログ、スタートです!

 

 

オーダー会で、初めてTさんとお会いする。

 

天満屋さんでのオーダー会に、Tさんがいらしてくれました。

「伯州綿のシャツを見に来ました!」
「以前から気になっていたので、一度、実物を見たかったんです!」

「とても元気が良く、丁寧なかただなぁ」という印象がありました。
(*^_^*)

「今日、見に来てよかった。」
「「伯州綿のシャツ」をオーダーしたいです!」
と、ご注文をいただきました。

 

 

その際に、
「採寸」を行い、大まかな「シャツのデザイン」、「シルエット」、「衿の形」、「ポケット」、「着心地」、「後ろのタックのデザイン」などを仮に決めていただきました。

 

「採寸」を行いながら、
世間話を交えて、ご希望を聞いていきます。

 

このたびのT氏のご希望は、
・全体的にゆったりとしたシルエット
・カジュアルに着用することが多いので、襟は、ボタンダウン。
・肩まわりの余裕がほしい。
・首回りの余裕がほしい。
・首回りが汚れやすいので、台衿の裏の生地は、生成りの生地にする。
などなど。

 

で、
この日は、ここまでで終わりです。

 

 

 

 

オーダー会の後で。

 

オーダー会が終わり、後日、作業場にて。
Tさんのご希望に合わせて、シャツの型紙を作成します。

 

 

「仮縫い」の準備のため、
「伯州綿の生地」ではなく、「ダミーの生地」を使って、仮のシャツを作成します。

 

 

この「仮縫い用のシャツ」は、余り手間をかけずに簡単に縫い合わせています。
そのため、裏を見ると、生地の端っこがほつれていたり、ボールペンでマークしているのがわかると思います。(‘ω’)ノ

 

 

「仮縫いのシャツ」をTさんに着用していただき、修正を加えていきます。

この作業を行うことで、
しっかりと、Tさんだけの「オリジナルシャツの型」を作成することができます。

( `ー´)ノ

 

で、
「仮縫い」の準備を整えて、Tさんに連絡をします。

 

 

 

 

「仮縫い」当日

 

 

「仮縫い」の当日は、Tさんに
私の作業場にいらしていただきました。

 

 

前回、Tさんの要望を入れたオリジナルの型で、
「仮縫い(かりぬい)」が始まります。

 

 

さっそく
「仮縫いのシャツ」をTさんに着用してもらいました。

 

この「仮縫いのシャツ」は、「ダミー生地のシャツ」ですが、
Tさんは、とても喜んでくれました!

 

 

「おぉ・・・、良い、良い。おおかた希望どおりです!」(Tさん)
と、記念写真を、パシャリッ!

 

このポーズは、ロードバイク(自転車)のライディングポジション(ポーズ)!!

 

 

Tさんは自転車乗りなので、このポーズでもストレスが無いか、「着心地」を確認しておられます。

(*^_^*)

 

 

このたびの「仮縫い」で、
Tさんがご希望された修正ポイントは、ポケット位置でした。

 

 

ポケットは、実際に使用するかたや、飾りとするかたなど、それぞれです。

実際に使用するかたにとって、ちょっとしたポケット位置の違いが、ストレスを招くこともあります。

また、飾りとする場合でも、シャツの印象が変わってしまうので、やはりポケット位置は重要です。

 

ポケット位置は、一例ですが、
「仮縫い」では、このような微調整を行っていきます。

 

私は裏方の作業として、
見た目のデザインはそのままで、
もっと「着心地」と「シルエット」が良くなるように、パターンの微修正を行いました。
( `ー´)ノ

 

 

 

ここで「仮縫いは」終了。

 

最後に、笑顔でツーショットを、パシャリッ!

とっても楽しげ♪
(写真は、ブレブレ♪(;’∀’))

 

 

↓↓↓是非、Tさんのブログ「仮縫い編」もご覧ください!↓↓↓

 

Tさんのブログ↓「伯州綿のシャツを作ってもらう。(仮縫い編)」
https://crankboogie.hatenablog.com/entry/2021/10/28/130154

 

 

「仮縫い」の後で。

 

「仮縫い」での修正を元に、
Tさんの「オリジナルのシャツの型」を作成して行きます。

 

 

ようやくですが、
ここから「伯州綿の生地」を使って、
「伯州綿のシャツ」を仕上げていきます。

 

改めて型紙をつくり、
「伯州綿の生地」を裁断していきます。

 

 

ミシンを使い、縫製をしていきます。

 

 

縫製の合間に、
トルソーに着せ付けて、細かいチェックをしてきます。

 

 

台衿(だいえり)の裏は、
Tさんのご希望通り、生成りの生地を使いました。
( `ー´)ノ

 

 

徐々に、シャツが出来上がっていきます。
カタチになってくると、何だかワクワクします♪

 

 

「Tさんは、喜んでくれるかなぁ」とか思いながら、ボタン付けを行います。

 

 

数あるボタンの中から、Tさんが選んだボタンは、
「水牛の角(ベージュ)」のボタンです♪

白いシャツに付けても、
あまり主張することがない、優しい雰囲気のボタンです。
(*^_^*)

 

 

モミジを背景に、
「伯州綿のシャツ」を掛けてみます。

透け感などが、とっても綺麗ですね。
(^-^)

 

 

シャツというアイテムは、縫製始末などに無駄がなく、
プロダクトとしても、非常に優れているなぁと思う瞬間です。
(ちょっと、見かたがマニアックですね、、、。)

 

縫い代の陰影が、とても綺麗です。

 

おそらく、先人達が時間をかけて、このフォルムを作り出していったんだと、
しみじみ感心します。(´・ω・`)

 

 

 

いよいよ「納品」当日

 

「納品」当日です。

(*^_^*)

 

旅立ちの朝って感じです。(笑)

(納品は、15時でしたが…..。(‘_’))

 

「納品」は、少し寂しい気持ちもありますが、
その反面、ワクワクする気持ちもあります。(‘ω’)ノ

 

 

Tさんがいらしたので、さっそく、
「伯州綿のシャツ」に袖を通してもらいます。

 

 

「いいね。いいね!」と、おっしゃりながら、Tさんはスマホで自撮り。

私は、カメラで、パシャパシャ!

 

しばしの間、撮影会が続きました。

 

 

実は、
作り手の私としては、この「袖通し」の瞬間は、
非常に緊張しています。

 

「お客さんに喜んでいただけるだろうか。」

「どんな印象だろうか。」など。

 

笑顔でありながら、非常に緊張しています。
(大事なことは、2回言う。)

 

ですが、Tさんの「笑顔」が見れて、とても安心しました。

 

 

ここで、調子に乗って、あの「ライディングポース」をお願いいしました!

モミジが背景で主役が暗くなってしまった。。。
ちょっとシュールな絵になりました。
(;’∀’)

 

題名「お願いを聞き入れる優しいTさん」

 

 

「今度は庭で撮影しましょう!」なんて提案して、外にくり出す二人。

記念撮影は、まだまだ続きます。(‘ω’)ノ

 

 

三脚を立てて、二人でパシャッ!

 

「もう一枚!いま目をつぶっちゃったよ。」って感じの、午後15時過ぎの撮影会。

 

 

 

またまた、
あの「ライディングポーズ」お願いしました。(‘ω’)ノ

 

題名「お願いを聞き入れる優しいTさん(庭編)」

 

 

 

ひと通り、撮影会も落ち着いたころ、

「このシャツ、いいね….。」

「なんか、フワッとして、軽くて….。」と、

Tさんが着心地を確認されている様子を、
私はニコニコしながら、カメラでパシャ!

 

 

「うん、うん。ポケットの位置も、いい感じ。」

 

私は、ニコニコしながら、カメラでパシャパシャ。

 

 

モミジを背景に、パシャッ!

Tさんはニコニコ。

 

 

最後も二人で、ツーショット!

「納品」「受領」の儀を、めでたく執り行うことができました!

 

 

 

 

 

↓↓↓是非、Tさんのブログ「受領編」もご覧ください!↓↓↓

お客さんのブログ↓「伯州綿のシャツを作ってもらう。(受領編)」
https://crankboogie.hatenablog.com/entry/2021/11/22/230417

いかがでしたでしょうか。

今回は、図らずも、
「作り手」と「お客さん」の両方の目線で、「伯州綿のシャツ屋」を紹介できたのではないかと思います。

( `ー´)ノ

 

これも全て、Tさんのおかげでございます!
本当にありがとうございました。
m(__)m

 

 

このような感じで、
日々、「伯州綿のシャツ」は、お客さんのお手元に渡ります。
シャツの完成までに、時間はかかりますが、その工程を楽しんでいただけましたら、幸いです。
(*^_^*)

「伯州綿のシャツ」を喜んでいただけることが、一番の活力になります。
多くの皆さまを「笑顔」にできるように、精進して参ります!

今後とも、宜しくお願い致します!

 

では、また!

 

+1

-伯州綿のシャツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHK鳥取の「いろ☆ドリ」で紹介されました!

こんにちは! 先日、NHK鳥取の「いろ☆ドリ」という番組で、 「伯州綿のシャツ屋」を紹介していただきました!   今回は、その紹介です! ( `ー´)ノ     NHK鳥 …

TBSラジオの「ONE-J」に、電話出演をしました!

  こんにちは! 先日、TBSラジオの「ONE-J」に、電話で出演いたしました! 6/27(日)の生放送でした♪ 画像は「ONE-J」のツイッターから引用   番組HP→https …

[伯州綿×技術]自分だけのフルオーダーシャツを製作してくれる「伯州綿のシャツ屋」( `ー´)ノ

こんにちは! WEBマガジン『鳥取マガジン』に、私の活動が掲載されました!   [伯州綿×技術]自分だけのフルオーダーシャツを製作してくれる「伯州綿のシャツ屋」 WEBマガジン『鳥取マガジン …

出雲市で「伯州綿シャツ」のオーダー会を開催しました!(‘ω’)ノ

こんにちは! 5月2日(日)、3(月)で「伯州綿シャツ」のオーダー会を行いました(*^▽^*) 今回の会場は、 島根県の出雲市の「ギャラリー高瀬川」さんで、開催させていただきました!   ギ …

目指せ! 冬でも「室内伯州綿」!

こんにちは! 境港に移住をして、もう4年目になりした。 雪もようやく解けて、一安心している今日この頃です。 こちらに来る前は、山梨県の富士吉田市で織物の職人をしていたんです。 富士吉田市は富士山のふも …

自己紹介


伯州綿のシャツをつくっている仲里と申します。
和綿(伯州綿)に惹かれて、鳥取県の弓浜半島にある境港市を拠点にシャツの企画・製造・販売を行っています。
日本で栽培されてきた伯州綿で、「素材からの日本製」のシャツをご提案いたします。