ワークショップ関係 活動全般

「はたおり体験」を行いました!(後編)

投稿日:2023年8月14日 更新日:

こんにちは!

「はたおり体験」の2日目(後編)です。
(‘◇’)ゞ

 

この日も、快晴! 暑い!

空の「青」と、みなとテラスの「白」が、より暑さを感じさせます。
(;’∀’)

 

1日目(前編)の内容は、こちらから↓
「はたおり体験」を行いました!(前編)

 

 

 

本編に行く前に、ちょっとだけ「脇道」の紹介をさせてください。

 

みなとテラス近くの歩道には、点々と鉢植えがありまして。。。

 

 

実は、伯州綿が植えられているんです。
(*’▽’)

 

青空の下、綺麗な花を咲かせてくれています♪

 

 

 

 

 

 

 

「はたおり体験」(二日目)!

 

 

前日の作業では、
「ヨコ糸」に絵具で色を付けまして、その後、練習用の「ヨコ糸」を使って、実際に「はたおり機」を動かしました。

 

 

皆さん、とても上手に出来ていましたので、2日目は、本番の「ヨコ糸」を使って、楽しく織り上げていくだけです。
( `ー´)ノ

それでは、元気良く「はたおり体験」をやっていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はたおり体験」の一番楽しい所!

 

 

2日目にして、ようやく本番の「はたおり体験」のスタートです。
( `ー´)ノ

 

今回の講座の一番楽しいところです!

 

 

前日に色付け乾かしておいた「糸」を、アイスの棒にグルグルと巻きつけて、「ヨコ糸」を用意します。

 

 

手作りの「はたおり機」には、「タテ糸」が張ってあります。

 

「タテ糸」を上下に動かし、「タテ糸」と「タテ糸」の間に「ヨコ糸」を通していきます。

 

 

 

「ヨコ糸」を通したを、クシを使って整えていきます。

優しく、トン、トンといった感じです。
(*^_^*)

 

 

織り上げる時に注意することは、
「ヨコ糸」も両端を平行に織り上げていくことです。

 

 

 

織り始めは、
「こうなったら、どうするの?」とか「ここをもう少し上手にしたいんだけど・・・」など、参加者の皆さんは、質問をされていました。

 

慣れるまでは、ちょっと難しいのですが、
ある程度コツをつかむと、皆さん綺麗に織り上げていました♪

 

 

小さなお子さんでも、慣れると、ほらこの通り。(*’▽’)

 

 

個性豊かな色なので、見ている私も、とても嬉しい気持ちになります。

 

 

「はたおり」途中の「布」を見ると、皆さんの丁寧さや、愛着が伝わってきます。

織り上げられていく「布」達が、とても誇らしげに見えるのは、私だけでしょうか。(笑)
(; ・`д・´)

 

 

おおよそ一時間ぐらいで、約15cmの布が織り上がりました。
(*’▽’)

長い時間の様ですが、参加者の皆さんから、まだまだ織り足りない気持ちが、ひしひしと伝わってきました。

「はたおり体験」を、楽しんでいただけたことに、嬉しく、そして、安心しました!
(‘◇’)ゞ

 

 

 

 

 

端っこの始末

 

 

布を綺麗に織り上げたら。「はたおり機」から、布を外し、
両端をハサミで綺麗にカットします。

 

 

布用のボンドを布の両端に薄く塗ります。

 

 

布用ボンドを、薄~く、ぬり、ぬり。

 

 

ちょっと難しいかも。なぁんて思って心配しておりましたが、
皆さん、綺麗にボンドを塗ることができていたので、「出来た。出来た。」と、
一安心。

 

 

こちらは、お母さんと一緒に、ぬり、ぬり。
(^-^)

 

 

両端を2回折って、いわゆる「三つ折り」を呼ばれる始末を行いました。

 

こうすると、両端がほつれなくなり、コースターや、ちょっとしたタペストリーとしても飾ることもできますね。

 

 

色とりどりの個性豊かな、ちょっと長めのコースターができました!(笑)

 

色付けの違いで、様々な模様ができますね。
(*^_^*)

 

 

「次は、あんな風に色を付けてみよう。」など、まだまだ、やる気満々な方もいらっしゃり、この講座を開催して良かったなぁと思いました。
( `ー´)ノ

 

 

家族で「はたおり体験」にご参加くださり、ありがとうございます!

赤ちゃんの視線が、とってもいい感じ♪

 

 

2日間にわたる講座でしたが、参加される方にとっては「ちょっと負担かなぁ。」とも考えながらのスタートでした。

 

ですが、
それぞれの工程で、皆さんが楽しそうに作業されていたので、2日間の開催で、正解だったと胸をなでおろしました。
(^^♪

 

 

 

 

 

 

最後は、図書館長と反省会

 

 

最後は、館長室にて、図書館長と反省会。

 

今回の「はたおり体験」は、前回行った「はたおり体験」に比べて、改善された所も多く、上々の出来との総評をいただきました。
(*’▽’)
次回へ向けての改善点などを話しつつ、しばし談笑。

回を重ねるごとに、Step by Step!

 

 

このように、「はたおり体験」等を行えるのは、図書館の皆さんのご協力があってこそ。
一人では、見えていない箇所でも、複数の目から見たら、発見できることの多さに気付かされます。

日々、勉強させていただいております!
次回は、もっと良い「はたおり体験」を開催します。
( `ー´)ノ

では、また!

-ワークショップ関係, 活動全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

「遊べる・学べる地域を元気に!看板」の除幕式!

こんにちは!   先日、 「遊べる・学べる地域を元気に!看板」の除幕式が行われました! (*’▽’)     このたびのブログでは、除幕式当時の様 …

「ユミーとハマー」が、看板になりました!

こんにちは!   「ユミーとハマー」が、看板になりました!     「え?。。。」 「ユミーとハマーって、、、何?」   今まで、ほとんどブログでは、紹介してき …

図書館のトークベントに登壇しました。(‘ω’)

こんにちは! 新しい年が始まり、心機一転、日々活動しています。 (; ・`д・´)   先日、いつもお世話になっております境港市民図書館さんの企画で、 トークイベントに参加させていただきまし …

「はたおり体験」を行いました!(前編)

こんにちは!   先日、 境港市民図書で、「はたおり体験」を行いました!   今回はその様子を紹介したいと思います。 少し長くなってしまうので、前編と後編にブログを分けて紹介いたし …

2023年~2024年の節目に思うこと。(‘◇’)ゞ

こんにちわ!   諸々の業務が一段落して、 新しい取り組みに向かう意欲が出ている、今日この頃です。 (‘◇’)ゞ   年も心持も、節目なので、最近思うことを …

自己紹介


伯州綿のシャツをつくっている仲里と申します。
和綿(伯州綿)に惹かれて、鳥取県の弓浜半島にある境港市を拠点にシャツの企画・製造・販売を行っています。
日本で栽培されてきた伯州綿で、「素材からの日本製」のシャツをご提案いたします。