メディア関係 伯州綿の活動 活動のなかで思うこと

「伯州綿のマスクの贈呈式」に参加しました。(^-^)

投稿日:2021年3月24日 更新日:

こんにちは。
先日、「伯州綿のマスクの贈呈式」が行われました!

 

 

さて、「伯州綿マスク」?「贈呈式」?
私がどの様に関わったか。

 

ちょっと説明いたします。

 

 

まず、「伯州綿のマスク」って?

 

弓浜半島の伝統的資源の「伯州綿」を使い、製造された「マスク」のことです。

「伯州綿のマスク」は、㈱ひまわり工房で購入することができます。
FAXでも電話でも、ご注文が可能です。

 

㈱ひまわり工房WEBサイト
https://himawarikobo.hp.gogo.jp/sp/

 

興味がある方は、是非、購入してみてくださいね。

「軽い付け心地で、呼吸がしやすい」のが特徴です!

 

更に!

マスクには「不織布」も入っています。(‘ω’)ノ

 

いきなり、宣伝が強すぎましたね。(;’∀’)

 

 

気をとり直して、、、。

 

さて、今回の「贈呈式」とは何か。

 

境港市の企業が、地元の保育園に、卒園の記念品として「伯州綿マスク」を贈呈する式。ということです。

 

で、私は、「伯州綿マスク」のワンポイント刺繍のデザインと、パッケージデザインを担当したため、このたびの「贈呈式」に同席させていただきました。

 

 

 

ちょっとその様子を紹介いたします。

当日は、テレビや新聞の方々も取材にいらしていました。

 

園長の方々と雑談。


向かって右から(㈱ワークサポート 寺本社長 、㈱ひまわり工房 日向社長、仲里)

子供たちに「伯州綿のマスク」プレゼント。

とっても可愛らしいですね。(^-^)

 

 

でも、なぜ「贈呈式」が行われたのか?

 

今回の「贈呈式」を発案・企画・実行された㈱ワークサポートの寺本社長に聞いてみました。

「昨年、境港市の伝統的地域資源である和綿「伯州綿(はくしゅうめん)」の復興事業で、㈱ひまわり工房さん、元地域おこし協力隊 仲里さんとのご縁がありました。

かねてから、地元のために何か貢献出来ないかという思いがあり、このたび、未来を担う子どもたちへ向けて「伯州綿マスク」を寄贈させていただく事といたしました。」とのこと。

 

このような取り組みにお誘いいただき、本当に有難うございます。m(__)m

 

「地元の企業の応援」「地元の資源の宣伝」「地元の子供たちに、特産品を身近に感じてもらう」など、多くの効果を期待して、企画・実行されたとのこと。

 

重ねて、お礼を申し上げます。m(__)m

 

 

贈呈式の後で・・・

 

式後、皆さんとの会話のなかで、

「確かに、その通り」という話題があったので、紹介いたします。

 

「イベント」は「キッカケ」作り

 

今回の「贈呈式」は、「新たな繋がりを作ること。」が目的でもある。とのでした。

 

ふむふむ、確かに。

協力隊として活動していた時に、常々感じていたことは、
小さな境港市でも、それぞれの活動って、知っているようで知らない事ってたくさんあるんです。

そのため、地元の人たちでも「伯州綿」を知らないかたは、大勢いらっしゃいます。
自分たちの「活動範囲」って、意外と狭いんだなぁと、感じておりました。

「伯州綿マスクの贈呈式」の内容としては、マスクの贈呈ですが、
そこには、「地元企業」と「保育園」と「伯州綿」を、繋げる効果があったと思います。

通常の「活動範囲」を超えて、「イベント」によって、無理やり、それぞれの「活動範囲」の外と関わることで、あらたな繋がりをつくり、次は、チョット違う形で、関りを持てるようになる。

どんどん自身の「活動範囲」が広がっていく。ということですよね。

 

少し表現を変えると、
「イベント」は、その場で終わる「打ち上げ花火」という印象が強いですが、その時の「発見」や「考え」、「繋がり」は、工夫次第で継続し、あらたな違う発想できる。ということ。な~んて思ったりしました。(^-^)

 

ごちゃごちゃと思ったことを書きましたが、

つまり、
イベント事って、その後の「活動範囲」を広げる効果もあるんだなぁ。ということです。(‘ω’)ノ

 

 

意見交換の中で、色々なアイディアが。

 

例えば、
園児も伯州綿の栽培を行うとか、園児が使うタオルを伯州綿でつくるなど。工場見学とかも良いかもね。などなど。

 

どんどん自身の「活動範囲」が広がっていく予感がしますね。(*^▽^*)

 

 

最後に。

この「伯州綿マスクの贈呈式」を、発案・企画・実行していただいた、地元の企業の方に感謝いたします!
㈱ワークサポートの寺本社長! 本当に有難うございました。m(__)m

 

「あれ?社長が着ている白いシャツは、もしかして・・・。」

そうです!
「伯州綿のシャツ」です!

重ね重ね、有難うございます。m(__)m

では、また!

PS.
商工会議所ニュースに取り上げてもらいました!

+3

-メディア関係, 伯州綿の活動, 活動のなかで思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[伯州綿×技術]自分だけのフルオーダーシャツを製作してくれる「伯州綿のシャツ屋」( `ー´)ノ

こんにちは! WEBマガジン『鳥取マガジン』に、私の活動が掲載されました!   [伯州綿×技術]自分だけのフルオーダーシャツを製作してくれる「伯州綿のシャツ屋」 WEBマガジン『鳥取マガジン …

半年間のラジオを終えて。。。(・∀・)

こんにちは! 4月になりましたが、まだまだ、寒い日が続いています。 先日は、押し入れにしまったコートを引っ張り出しました。(;’∀’) 今回は、「ラジオを終えてpart2」っで …

「はたおり体験」~コースターをつくろう~

こんにちは! 先日、 「はたおり体験」を行いました!   境港市民図書館の主催で、 「はたおり体験」~コースターをつくろう!~ の講師として、企画をさせていただきました。   &n …

境港も桜が満開(*^_^*)

こんにちは! 4月になりましたね♪ 境港でも、綺麗な桜が咲いています。(^-^) まだまだ、肌寒い日が続きますが、晴れ間も多く、「はじまりの春」という天気が続いています。     …

「ラジオ深夜便のつどい」に出演します!

こんにちは! NHK「ラジオ深夜便」に 「明日へのことば」の話し手として、出演します! その前段に、 公開収録の「ラジオ深夜便のつどい」に、出演します! (^-^)   ラジオ深夜便とは & …

自己紹介


伯州綿のシャツをつくっている仲里と申します。
和綿(伯州綿)に惹かれて、鳥取県の弓浜半島にある境港市を拠点にシャツの企画・製造・販売を行っています。
日本で栽培されてきた伯州綿で、「素材からの日本製」のシャツをご提案いたします。